盛和塾とは

概要

盛和塾は、もともと京都の若手経営者が京セラ(株)の稲盛名誉会長から人としての生き方[人生哲学]、経営者としての考え方[経営哲学]を学ぼうと1983年に集まった自主勉強会に端を発しています。
真剣に学ぼうとする塾生とそれに答えようとする稲盛塾長が互いに魂の火花を散らす人生道場となっています。
また塾生同士の切磋琢磨の場として、全国各地の盛和塾に多くの若手経営者の皆さんが熱心に集まっておられます。
稲盛塾長は心ある企業経営者こそが明日の日本を支えるとの信念に基づき、ボランティア活動としての盛和塾に熱心に取り組んでおられます。

活動内容

塾長 紹介

inamori01
1932年、鹿児島市に生まれる。
1955年鹿児島大学工学部を卒業後、京都の碍子メーカーである松風工業に就職。
1959年4月、知人より出資を得て、資本金300万円で京都セラミツク株式会社(現京セラ)を設立し、社長、 会長を経て、1997年から名誉会長を務める。
また1984年、電気通信事業の自由化に即応し、第二電電企画株式の合併によりKDDI株式会社を設立し、名誉会長に就任。
2001年6月より最高顧問となる。
2010年2月より、日本航空会長に就任。
代表取締役会長を経て、2013年4月より名誉会長となる。
一方、1984年には私財を投じ稲盛財団を設立し、理事長に就任。
同時に国際賞「京都賞」を創設し、毎年11月に人類社会の進歩発展に功績のあった方々を顕彰している。
公職としては京都商工会議所名誉会頭、スウェーデン王立科学技術アカデミー海外特別会員、ワシントン・カーネギー協会名誉理事、全米工学アカデミー海外会員等を務める。
また、1997年には臨済宗妙心寺派円福寺にて得度を受けた。

関連リンク 塾長オフィシャルサイト「創業者 稲盛和夫」
http://www.kyocera.co.jp/inamori/index.html
(盛和塾ホームページより引用)

Copyright© 2010 盛和塾和歌山-公式ホームページ All Rights Reserved.